おすすめコンテンツ

桜島フェリー情報

桜島フェリーモバイルサイト

モバイルサイト用QRコード
フェリーの現在の運航状況や運賃・時刻表などの情報を携帯電話で御覧いただけます。

https://sakurajima-ferry.jp/s/

桜島フェリー旬だより(No.29)

2011年06月23日

桜島フェリー旬だより(NO.29)

 山形、青森、山梨、北海道、佐藤錦、南陽、日の出、これらの言葉から連想されるもの、もちろん、さくらんぼです。ちょうど今の季節は、さくらんぼのパックがスーパー等の店先に並びます。甘くて、ほんのちょっと酸っぱく、さらっとした甘さ、一粒食べると止めることのできない旬の味です。

 さくらんぼのイメージからは、寒い地方でしか育たない植物と思い込んでいましたが、品種改良が進んだのか、品種が異なっているのか、鹿児島でも苗木の販売や庭木として植えられたさくらんぼの木をよく見かけるようになりました。

  

 桜島フェリーターミナルの東側に佇む小高い山の頂に、遊具が設置され、また桜の木等が植えられている恐竜公園があるのですが、実は、ここに植えられている桜の木にも果実が付きます。まさしくさくらんぼです。初めは赤紫色をしていて、成長するに従って桑の実やブルーベリーのような黒色に近い紫色となります。お店に出回るさくらんぼ程には大きくなりませんが、まだ完熟していないミニトマトを食べた時の味に似ています。かなり酸味が強い味がします。

  

 船舶部が所有する船の名称には、「さくら」の文字がすべて入っています。今年度は3月に就航した桜島丸「サクラエンジェル」が納涼船に登場します。

 「サクラでつながる、真夏のS席(スーパーシート)へ」をキャッチフレーズにして、夕陽に染まる美しい桜島を望む7月、夜風が心地よく頬をなでる8月に、みなさんの笑顔を乗せて運航する予定です。

 真夏の季語であるさくらんぼが、初夏の味覚を代表するように、真夏の錦江湾を彩る桜島納涼船が、真夏の到来を感じさせてくれる鹿児島の風物詩として、多くの皆様に楽しんでいただけることを願っています。(2011.6.23)

 

このページの先頭へ