おすすめコンテンツ

桜島フェリー情報

桜島フェリーモバイルサイト

モバイルサイト用QRコード
フェリーの現在の運航状況や運賃・時刻表などの情報を携帯電話で御覧いただけます。

https://sakurajima-ferry.jp/s/

桜島フェリー旬だより(№30)

2011年07月05日

桜島フェリー旬だより(NO.30)

 6月28日、早くも鹿児島には梅雨明け宣言が出ました。もう夏です。梅雨明けした西の空には、透き通った青空が広がっていました。錦江湾の海の色が、真夏の色エメラルドグリーンに変わるのももう間近と思います。・・・・

  

 メタボの解消と健康維持のため、夜ウォーキングをしているのですが、街の明かりで尾の部分は見えないものの、東南の夜空にさそり座を仰ぎ見ることができました。この星座も夏の到来を感じさせてくれます。子供の頃は、夕暮れが近付くと、一番星を見つけ、さらに暗くなるのを待って、天の川やその季節の星座を見ることを楽しみにしていました。漆黒の夜空に輝く星の多さに感動したものでした。深夜まで電燈がつき、眠りを忘れてしまったかのような現代においては、漆黒という言葉は、すでに死語に近い言葉になってしまったのかと感じます。春は北斗七星、うしかい座、おとめ座を結ぶ春の大曲線、夏は赤星アンタレスが心臓のところにひときわ目立つさそり座、秋は四角い形をしたペガサス、冬はベルトの三つ星が輝くオリオン座を見ることで、夜でも四季を感じることができます。

  

 六分儀は太陽や星座の高度を測ることで、その測定値をもとに船の位置を決定する航海術の原点ともいえる機器です。近年は、精度の良い航法支援設備である全地球測位システム(GPS)により、さらに正確な自船の位置を知ることで、遭難・衝突や座礁に合わないよう安全航行ができるようになっています。

  

  さらに、自分の位置を知るだけではなく、自船の位置を含めた情報を他船等に提供することで衝突の防止に大きな効果が期待される船舶自動識別装置(AIS)の搭載が、ソーラス条約により、2008年7月までに500トン以上の内航船に搭載するよう義務化されました。船舶部の船にもこれらの機器を搭載して、安心快適な運航に役立てています。(2011.7.5)

«

[次のお知らせ] 現在の運航状況 »

このページの先頭へ