おすすめコンテンツ

桜島フェリー情報

桜島フェリーモバイルサイト

モバイルサイト用QRコード
フェリーの現在の運航状況や運賃・時刻表などの情報を携帯電話で御覧いただけます。

https://sakurajima-ferry.jp/s/

桜島フェリー旬だより(№39) 空から砂が降ってきた。職場体験学習桜島中学の生徒頑張る!

2011年09月20日

桜島フェリー旬だより(№39)

 秋晴れのもと、鹿児島市内の各高校では、運動会が行われています。錦江湾を飛び越えて若人の歓喜の声が聞こえてきそうです。

    

             ・秋晴れの桜島港                         ・茜色に染まる秋

 そんな秋空も長くは続かず、鹿児島市内は桜島の火山灰による降灰で、一面灰色の世界にかわってしまいました。

 降灰体験をしたことのない方には、降灰のイメージが沸いてこないと思います。バーベキューの炭火の残り灰やたき火の後に生じる木灰をイメージされる方が多いのではないでしょうか。砂場の砂が頭上に落ちてくる感じをイメージしていただければいいかと思います。自然の驚異にはどうすることもできません。ただ降灰がやむことと雨が降ることを願うだけです。

    

        ・火山灰が東風に乗って錦江湾を渡る             ・灰を市内に落とし空は青空へ

 30数年前、下宿の大家さんで明治生まれのおじいさんが、桜島は昭和30年ころから激しく噴火を繰り返すようになったとのこと。それまでは、桜島の北岳に登山ができたとのことを話してくれました。また、鹿児島に降る火山灰は、東からの風に乗って市内に降り注がれるのですが、鹿児島では、東風が吹くと、その何日後には、雨が降るとの言い伝えがあるとのこと。しばらく我慢をすれば、道路、屋根に積もった灰や植物の葉に付いた灰が流されるので、一息つくことができるとも話していました。

 船舶部では、中学生を対象に職場学習体験の受け入れを行っています。9月には、桜島中学校の生徒2名に船舶の仕事を実際に体験していただきました。箒を持って、甲板を一生懸命掃除しているのですが、降灰後の火山灰の除去は、特に船舶において欠かすことのできない重要な仕事の一つです。

    

        ・桜島中学校 職場体験学習の生徒                  ・掃き掃除をしました。

 平成22年度には、8校25名の生徒の方々が職場体験学習を体験されました。職場体験学習の受け入れにつきましては、今後も、できる限り各中学校の希望に沿う形で行ってまいりたいと考えておりますので、お問い合わせください。(2011.9.20 H.Y)

このページの先頭へ