おすすめコンテンツ

桜島フェリー情報

桜島フェリーモバイルサイト

モバイルサイト用QRコード
フェリーの現在の運航状況や運賃・時刻表などの情報を携帯電話で御覧いただけます。

https://sakurajima-ferry.jp/s/

桜島フェリー旬だより(No.3)

2010年04月23日

桜島高校の同窓生が立ち上げたホームページには、全国から桜の便りが寄せられ、桜の話題でにぎわっていました。

やはり今の季節の話題は桜なのでしょう。桜は、満開時の花だけではなく、花が散る時の花吹雪、花が散った後の葉桜、その時々の様子が私たちを楽しませてくれます。特に、桜が咲く季節を迎える頃は、皆こころもそぞろで、落ち着かない気分となります。落ち着かない気分になるのは、お父さんたちだけなのでしょうか・・・・

4月の中旬ともなりますと、すでに桜島自然恐竜公園も葉桜となり、萌黄色のやわらかい葉を、風になびかせながら涼しげな木陰をつくっています。桜の季節も終わり、この公園では、あじさいの花の季節を迎えます。

恐竜公園からの八景旬だより№1に掲載しましたこの公園からの風景について、どこで見ればそのような風景を見ることができるのかと聞かれましたので、紹介したいと思います。
公園山頂へ至る山道を登りきると、視界が一気に開けますが、その左手側(北側)の眼下には、海が広がり「かんぱち」や「ぶり」の養殖生簀が、また、遠くには坂本龍馬も登った高千穂峰を含む霧島連峰を見ることができます。

恐竜公園からの八景鹿児島県のかんぱち養殖生産量は全国第1位を誇り、この眼下に見える生簀のかんぱちやぶりは「桜島かんぱち」「桜島ぶり」として「かごしまのさかな」ブランドに認定されています。

また、この公園の南端に展望台があります。ここからは、錦江湾を挟んで鹿児島市街地の眺望が楽しめます。また、開聞岳が西の山の端に薄っすらと頭を覗かせています。

朝の桜島鹿児島の旅の思い出のアルバムの1ページに、是非この桜島自然恐竜公園から風景の写真を加えていただきたいものです。

今は、デジタルフォトフレームや携帯電話のメモリーの中に保存してくださいといった方がよいのでしょうか。

このページの先頭へ