おすすめコンテンツ

桜島フェリー情報

桜島フェリーモバイルサイト

モバイルサイト用QRコード
フェリーの現在の運航状況や運賃・時刻表などの情報を携帯電話で御覧いただけます。

https://sakurajima-ferry.jp/s/

桜島フェリー旬だより(No.13)

2010年07月16日

碑文
碑文

旬だより№8に月讀神社の境内にある高浜虚子の句碑『熔岩に 秋風の 吹きわたりけり』を紹介しました。桜島町郷土誌には、高浜虚子は、昭和3年(1928年)10月9日、10日の2日間鹿児島を訪れ、桜島に感動し同島を訪れ、袴腰・麓の茶屋で開かれた俳句会でこの俳句を詠んだと記載されていました。

その当時はまだ村営船舶事業は始まっておらず、民間事業者の小さな船が鹿児島と桜島を結んでいたとのことです。

歌碑
金子 兜太

このほかにも桜島にゆかりのある文学者は、与謝野鉄幹、林芙美子、旬だより№10で紹介しました梅崎春生などがいます。また、溶岩なぎさ遊歩道の傍らには、高濱年尾(たかはまとしお)をはじめ有名俳人の句碑が立ち並んでいます。

この桜島フェリーターミナル周辺、桜島恐竜公園及び溶岩なぎさ遊歩道には、合わせて12の句碑や文学碑が立ち並んでいます。

歌碑
高濱 年尾

夏休みも間近、毎年学校から出題される夏休みの研究課題の素材として、こられの句碑などを訪ね俳人や作家の来歴・人物や著書・作品を調べてみてはどうでしょうか。

歌碑
横山 房子

このページの先頭へ