おすすめコンテンツ

桜島フェリー情報

桜島フェリーモバイルサイト

モバイルサイト用QRコード
フェリーの現在の運航状況や運賃・時刻表などの情報を携帯電話で御覧いただけます。

https://sakurajima-ferry.jp/s/

桜島フェリー旬だより(No.23)

2011年01月06日

現在建造中の新船「桜島丸(愛称:サクラエンジェル)1,200トン」が、いよいよ23年3月から就航します。広島県江田島市の造船所で22年11月25日に進水した新船は、環境にやさしく、経済的でバリアフリーに配慮した電気推進船(スーパーエコシップ)です。

サクラエンジェル
サクラエンジェル

推進力は電気モーターで回すプロペラで、船の前と後ろに360度回転するスクリュー(ポッド推進器)を備え、横や斜め移動もでき、燃費、二酸化炭素排出量とも従来船より削減できます。 全長57.3mで速力は 11ノット、旅客定員は、車両搭載時が657人。今後、内装・設備工事を行い、完成引渡しは、23年2月で、3月上旬に竣工式典を行った後、九州新幹線全線開業に合わせて、23年3月10日からの就航を予定しています。

新船「サクラエンジェル」就航(23年3月)

桜島と錦江湾の魅力を海上から身近に楽しんでいただくことを目的に、鹿児島港から神瀬を周り桜島港へ至る「よりみちクルーズ船」を22年春季と秋季の試験運航に引き続き、23年3月から本格運航します。

よりみちクルーズ
よりみちクルーズ

本格運航に当たっては、定期ダイヤに組み込むこととし、年末年始を除き毎日1便、午前11時5分に鹿児島港を出港する11.0㎞、50分間のクルーズで、運賃は大人500円、小児250円などとなっています。試験運航のコースと比較して、より市街地に沿ったコースで、沖小島にも若干近づくものとなっています。本格運航開始日は、新船「サクラエンジェル」の就航と同時の23年3月10日の予定です。

桜島港フェリーターミナルリニューアル(23年2月)

桜島港フェリーターミナル

23年3月12日の九州新幹線全線開業に向けて、桜島港フェリーターミナルを桜島の玄関口として、ふさわしくリニュアルするための改修工事を22年10月から行っています。工事概要としては、2階フロア改修、1階内部改修、外壁改修、点字ブロック設置などで23年2月末終了予定です。桜島フェリーではこれらハード面の充実に加えて、ソフト面として職員の接遇の向上やお客様サービスの充実に努めるとともに、世界的な観光資源である桜島と錦江湾のもつ魅力を県内外に発信してまいります。

このページの先頭へ